悩める機材担当のつぶやき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

こんにちは。機材担当のチョッキーです。

さて、エジソンカメラでは皆様からの希望のカメラを探したりもします。

このたび「テナックス」のノバー付の御希望を頂き、素材となる機体を入手しました。

「素材となる機体」

と書いたのは、入手した「テナックス」はレンズが曇っていてシャッタが粘っていたので、そのままでは商品にならない為です。

レンズを拭きましたが、どうしても取れない若干の曇りが残りました。

が、シャッターは修理に慣れたコンパーだったので分解して羽根の1枚1枚に至るまで機構部を分解清掃、セットリングとスローガバナへの少量の注油を済ませました。

組み立てを終了したら、自慢なんかではないんです。。。

私が今まで手にした「テナックス」の中でも秀逸なほどサクサク動くのです。

で、ものすごく愛おしくなってしまって…手放したくなくなったのです。

お客様、ごめんなさい。

もう少し手元に置かせてください。

そんなヘンなスタッフが居る、ネットの中の町のカメラ屋、エジソンカメラです。

20150320-01

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存