ニコン SP(Nikon SP)というカメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

さて。

今日紹介するのは、こちらのカメラです。

ニコン SP 623万番台 + ニッコール 5cm F2 760万番台 (黒鏡胴)

ニコンSP です。

ニコン SP 623万番台 + ニッコール 5cm F2 760万番台 (黒鏡胴)

「美しい」カメラですね。

日本のレンジファインダー機の最高峰であり、かつ、ライカM3の登場などもあり、その後の各カメラメーカーが一眼レフカメラの開発にシフトしていく境目のカメラではないかと思います。

28mmから135mmのレンズ、つまり広角から中望遠まで対応する内蔵ファインダーを備えていたことで有名です。

実物の印象は、

「小型堅牢」

といった、日本製らしい感じでしょうか。

日本工学工業(現ニコン)のレンジファインダー機「ニコンSシリーズ」といえば、ロバート・キャパが最後の瞬間に持っていた「ニコンS」や、チェ・ゲバラが愛用した「ニコンS2」などがありますが、その後に出た“スペシャル・プロフェッショナル”バージョンが「ニコンSP」

荒木経惟、ハービー・山口のほか、土門拳名取洋之助など報道写真家にも愛用者が多かったといわれ、東京オリンピックを記念した黒塗装のモデルもあったことなどから、この時代的に活躍したカメラと言えるのではないでしょうか。

ニコンSPとニコンF

オリジナルの「ニコンSP」は、1957(昭和32年)に発売されてますが、復刻版が2005年に出ています。

オリジナルと復刻版の違いは、

上部フィルムカウンターが「36枚/20枚」の切り替えがオリジナル、「36枚/24枚」なのが復刻版です。

もうひとつ。

ニコン SP 623万番台 + ニッコール 5cm F2 760万番台 (黒鏡胴)

この、フィルム感度表示が「ASA」なのがオリジナル、「ISO」なのが復刻版です。

「ASA」って懐かしい。。。

当店にあるのは「オリジナル」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存