セコニックの露出計「スタデラ」ことスタジオデラックスが届いたー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

先日のエジソンカメライベント、

『露出計なぜなに大撮影会!?教えて!セコニックの中の人-』

でお世話になったセコニックさんから購入しました。 露出計の名機、スタデラこと

「スタジオデラックスIII L-398A」

この「スタデラ」は、森永ミルクキャラメルや安全靴などとともに、2014年度のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した、まさにロングライフ、スタンダードな露出計なのです!

スタジオデラックス箱

 この、無骨な箱もイカすのです。

セコニック スタジオデラックスIII L-398A

 こんな感じ。

セコニック スタジオデラックスIII L-398A

  ケース、ストラップ、他付属品があります。

スタジオデラックス付属品

 出ました!本体!!

やはり…

美しいです…

セコニック スタジオデラックスIII L-398A

 で、このアタマに刺さっているプレート。

「HIGH専用スライド」

と言いますが、これ、最初は刺さった状態ですね。

スタジオデラックス「HIGH専用スライド」

 背面の収納部がこれ。ここに入れてやります。

スタジオデラックス「HIGH専用スライド」

 と、こうなります。

スタジオデラックス「HIGH専用スライド」

ここでちょっと気になる表記を発見。

「強力なマグネットを内蔵しています。」

とのこと。。。

露出計は“強力なマグネット”を使っているんですねー

ってことは、

カードや電子機器とあまり近づけない方が良い

ってことでしょうか。近々確認をしてみましょう。

更に、デフォルトの状態では ストッパー は外れています。

つまり、露出計の針は明るさによって常に振れ続ける状態です。

セコニック スタジオデラックスIII L-398A

 離すと針が固定されるようにするには、中心のボタンを左へ45度回します。

すると、針は自由に振れずに、ボタンを押している時に振れ、離すと固定されるようになります。

これまで、「ゴッセン パイロット」を使っていた私は、この機能のことをすっかり忘れてましたが、やはりこちらの方が便利でしょうね。

この、ストッパーの機能は意外と原始的で、

スタジオデラックス「ストッパー機能」

 が、

スタジオデラックス「ストッパー機能」

ボタンを押すことによりフリーになるってコトなんですね。

シンプル is Best !

です!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存