カメラの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

さて。撮影を生業にしている方々を、カメラマン、またはフォトグラファーなどと呼びます。
写真屋さんというのもありますかね。

ちなみに、「写真家」というのは、Wikipediaによると、
ーーー
写真家(しゃしんか、フォトグラファー(英: photographer))とは、主に写真を撮影もしくは製作する事を生活の中心にしている人。カメラマンと区別して写真家と呼ぶ場合、動画ではない写真を撮影する人をさす場合や、特に芸術的な写真を撮影し発表する人(芸術写真家)を指す場合がある。
ーーー
ということになり、

デジタル大辞泉によると、
ーーー
報道・芸術などのための、写真を撮ることを専門または趣味とする人。
ーーー
ということになります。

ま、呼称はさておき、そんなカメラマン(一般的な呼称としてここではこう呼ぶことにします)の知り合いが、店長は多いのです。
これまでの経歴が関係しますが、ま、そこは追々。。。

例えば、ニュース写真を撮るカメラマン。
プロスポーツの試合などを撮るカメラマン。
結婚式を撮影するカメラマン。
家族写真などをスタジオで撮影するカメラマン。
もちろん、広告、商品、グラビアなど、
「カメラマン」と一口に言っても、様々なカテゴリーがあります。

最近、そんなカメラマンの方々とオサケを酌み交わす場が何度かあったのですが、そんな席に、この愛機を持ち出すと、ま、話題には登ります。

Canon IID @ 神楽坂

  で、カメラマンですもの、手に取りますわ。

すると、意外なことに、この手のカメラの使い方が分からなかったりするのです。

「この上についてるのは何?」

とか、

「どこでピント合わせるの?」

とか。。。

「電池いらないんだよ!」 と、例の店長の感動ポイントを伝えると、本当に「そうなんだ!」と感動してくれるのです。

意外でした。

ま~けど、考えそりゃそうです。
生業としてる訳ですから、最新のデジカメでビシバシ撮るわけです。

また、生業としている分、「作品」というものを完全に切り分けている人も多くいます。そんな中、こういった機材は縁が無いということなのでしょう。

とは言え、そこは「写真」に関わる人達。目を輝かせてイジリ始めます。

同じ写真を撮る道具としてのカメラですが、生業としている彼らにも、新鮮な出会いを提供することができた気がして、少し嬉しい気分になりました。

あわよくば、彼らがまた、自分自身の「作品」ということに考えついてくれると、こんなに嬉しいことはないのですが。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存