フィルム装填完了!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

さて、心配していたフィルム装填ですが、多少慣れは必要でしょうがなんとかなりました。

詳細はここでお見せするより、ウェブで検索した方が早いでしょう。
「バルナック フィルム 入れ方」などと検索すると、かなりの数出てきます。

ちなみに…

こういうタイプのカメラを「バルナック型」と呼ぶようですが、厳密な定義は分かりません。

一応わたくしは、その昔にフィルムカメラを使っていたこともありますが、いわゆる普通の一眼レフやコンパクトカメラでしたので、このタイプは全く違います。
収まってしまえば基本的なフィルムの位置や動きは一緒でしょうが、なんせ…

カメラの“裏蓋”がパカッと開かないのです…((((;゚Д゚)))))))

では、どうやってフィルムを入れるかと言うと、

バルナックフィルム装填

こんな感じです。レンズは外して準備した方が良いと思います。

下から、カメラ本体(上下逆さま)、次にフィルム(パトローネ)が左側にあり、それを受ける(巻き取る)スプールが右側、最後に底蓋、と並んでいます。 裏蓋が開かないので、スプールが外れます。スプールには、ちゃんとフィルムを掛けるところがあります。
要は、この状態でカメラへスポンと入れて、裏蓋を閉めれば完了!なのですが、そこは昔の機械。そう簡単にはいきません。
あくまで、詳細はお調べになった情報を参照していただいた方が良いと思われますが、フィルムを「スポン」と入れた時に、何処まで入るのかが分かりません。引っ掛かっているような気がするけど、無理矢理押すのも…的な状態に恐らく、いや、必ずなります。

そこで、これもどこの情報にもあるかと思いますが、シャッタスピードの設定をバルブ(B)にして、シャッタを開いたままにしてみます。パーフォレーションといって、フィルムの上下に付いている歯車が噛むための小さな穴の連続、これがシャッタを開けた際に“見えている”状態はNGです。つまり、下方(上下逆転しているのでカメラ的には上?)のわずかな溝に更に入って行く(パーフォレーションの分下がる)のですが、溝は約2mm程度の直線、フィルムはたわみますので、多少コツが必要ですが、そこをシャッタを押したまま(開いたまま)思いきって入れ込みましょう。何事も思い切りが肝心です。ただし、思い切りと無理矢理は違います!無理矢理押し込むと、パーフォレーションで弱い部分のフィルムが千切れてカメラに残りそうな気がします。。。

この最後の感覚は非常に独特だと思いますが、掴んでしまえばあとは慣れだと思います。テスト用のフィルムで何度か試してみると良いかと思います。 そんな作業をしていると、巻き上げ方や、シャッタスピードの設定方法、カメラ自体の機構もなんとなく分かってきて、愛着が増します!

と、ここまで書いて、実は店長まだテスト撮影のあがりを見ていないので、成功しているかどうかは…

ともあれ、これでとりあえずテスト撮影の準備はできましたので、ようやくカメラを持ち出します! (`_´)ゞ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存