レンズの前にガラスを1枚。フィルターって必要? ースタッフおすすめフィルター3種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

レンズの前にガラスを1枚。そんなことをしたらレンズ本来の性能が損なわれる!と、フィルターの使用を拒む人たちが多く居るのも事実ですし、実際に、使用するフィルターによってはレンズの性能を損なう可能性があるものも存在していましたが、最近はフィルターの品質も大幅に向上しています。

そうはいっても、なんとなくレンズをそのまま使用する方が良いような気もします。それはそれで良いのかもしれませんが、汚れが付着したままだったり、その汚れを除去しようとしてレンズに傷をつけてしまう事例も多々見てきました。その危険性を考えれば、フィルターを装着した方がレンズのために良いことでしょう。

さて、フィルターの中でもお勧めするものが3枚あります。

1つ目はプロテクトフィルター。名前のとおり、レンズを保護することが目的のフィルター。これも最近は装着したままで常用しても問題ないレベルの良質なものが多く出ているので、こまめに拭いてキズが入れば買い換えるという方法もあるでしょう。

2つ目はUVフィルター。これは基本的なフィルターの一つですが、あまりに基本的なもので存在を忘れがち。これを使用するだけで画像がスッキリする場合もあります。

PLフィルターの効果

3つ目はPLフィルター。これはポラライジングフィルターと呼ばれるもので、偏光作用を利用することでショーウィンドーや水面などの反射を軽減したり、消すことができるものです。

また、空の色を強調する効果もありますが、乱用すると下手な風景写真のようになってしまうので注意も必要です。

ハッセルブラッドやライカでは、特殊な装着方法や特殊な口径のものを使用しなくてはなりませんが、エジソンカメラではこれらのカメラにも対応するフィルターを取り扱っています。

 
フラッと立ち寄ってしまったために、何だか新たなアイテムをうまいこと言われて気になってしまうように仕向けられる。

ネット上にあるけれど昔ながらの近所のカメラ屋。それがエジソンカメラです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存