三脚は地面に立てるもの?卓上三脚は卓上用? ところで三脚って必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5
SLIK(スリック) プロミニ III N

SLIK(スリック) プロミニ III N 自由雲台装備のテーブル三脚

土日の朝に限らず、最近では平日でも写真愛好家の方々を駅などで見かけることが多くあります。その人たちの多くが持っている長もの。そう、三脚ですね。
最近では、三脚での場所取りや植物の根を傷めるから。という理由で三脚の持ち込みが制限される場所も増えてきましたが、結論から言うと三脚はあった方が良いです。

だからといって、なにもゴツい三脚を毎日毎回持ち歩くことはありません。

卓上三脚が1本あるだけで、写真が大きく変わるのです。

SLIK(スリック) プロミニ III N写真がよく写らない。こういう悩みはだれしも持つものです。その原因はいくつか考えられますが、最も大きいのは「手ぶれ」です。

現在のデジタルカメラでは「手ぶれ補正機構」が入ることで、だいぶ改善されましたが、逆にいえば、そういう機構を入れなくてはならないほど「手ぶれ」が抱える問題は大きいということです。

三脚って必要?そして三脚だからといって地面に立てる必要はなく、卓上三脚だから卓上専用ということではありません。

ガンストックのように、自分の胴体に三脚の脚を当てて撮影してみましょう。デジタルカメラで実験すると判りやすいのですが、1~2段遅いシャッタースピードで撮影できることが判るでしょう。

三脚の選択、カメラを装着する雲台の選択は使用する機材、重量に合わせなくてはならず本当に難しいもので、適切な三脚を使用しなければ、より「ぶれ」が増大することにもなりかねません。あとは、取り付け位置も重要だったりします。

しかし、撮影の補助機材と割り切って、小型の三脚が1本が鞄に入っているだけで撮影の領域が広がることもあるのです。

 
フラッと立ち寄ってしまったために、何だか新たなアイテムをうまいこと言われて気になってしまうように仕向けられる。

ネット上にあるけれど昔ながらの近所のカメラ屋。それがエジソンカメラです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存