画角と感覚、レンズと気分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

以前、「焦点距離」というお話をしました(「交換レンズ、使ってますか?」

焦点距離

35mmフィルムサイズであれば、おおよそ「50mm」が標準レンズと言われます。これは、肉眼に近い視野ということもあるようです。

それより数字が少なければ(28mmなど)広角レンズ。つまり、広い範囲。

数字が大きければ(200mmなど)望遠レンズ。つまり、狭い範囲の拡大ということになります。

画角

 もうひとつ、「画角」という言葉もあります。

これは、カメラに写る光景の範囲を角度で表したものです。

「視野角」とも言うようです。

要は… 

画角のお話

酷いな…

ま、おおよそこんな感じ。

これに、上下(垂直角度)と対角の角度があって、撮影する範囲(画角)が決まります。

いつもの、Wikipediaから、

カメラの画角の計算

カメラの画角は、以下の3つのパラメータの関数である。

  1. 使用する写真フィルムや光学センサといった撮像面の寸法
  2. 画像を撮像面に投射する写真レンズの焦点距離
  3. レンズの歪みの度合い

歪みがないレンズであれば、フィルムや光学センサの寸法とレンズの焦点距離で画角が決定される。

画角は以下の3つの方法で測定される。

  • 水平(フレームの左端から右端までの)画角
  • 垂直(フレームの上辺から下辺までの)画角
  • 対角線(フレームの一方の角から反対の角までの)画角

歪みのないレンズでは、画角(α)は、上記の3ついずれかの寸法(d)と実効焦点距離(ƒ)から次のように求められる。

ということですが、計算は複雑なので省略。。。

で、「焦点距離」と「画角」について、詳しくはここが良いです↓

高精度計算サイト

http://keisan.casio.jp

高精度計算サイト

このサイト、「カシオ計算機」がやっている、「生活や実務に役立つ計算サイト」とのこと。

「カメラの画角の計算」

ができてしまう、スゴいサイトです。

このサイトでは、他にも「写真」関連でいくと、

  • フラッシュで綺麗に撮れる距離
    カメラのフラッシュが被写体まで届く距離を計算します。
  • フラッシュで綺麗に撮れる絞り値
    カメラ撮影時における、フラッシュの光量による最適な絞り値(F値)を計算します。
  • レンズの焦点距離の計算
    レンズの焦点距離を計算します。
  • カメラの画角の計算
    カメラの画角(視野角)を計算します。
  • カメラの被写界深度の計算
    カメラの被写界深度(写真の焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲)を計算します。
  • カメラの撮影範囲の計算
    カメラの撮影範囲を計算します。

などなど、なかなか面白い計算ができてしまいます。

 こんなものも、提供しています。

レンズの距離表示の換算にいかがでしょうか。

感覚

では、次の写真、画角を考えてみましょう。

2015/2/27:靖国神社/OLYMPUS E-P3 + フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95 ]

OLYMPUS E-P3 + フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95

OLYMPUS E-P3 + フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95

OLYMPUS E-P3 + フォクトレンダー NOKTON 25mm F0.95

フジカ GSW690 2型(Fujinon 65mm F5.6)

フジカ GSW690 2型(Fujinon 65mm F5.6)

Canon II D + Serenar 35mm F2.8 I

Canon II D + Serenar 35mm F2.8 I

OLYMPUS E-P3 + Super-Takumar 55mm f1.8

Canon II D + Elmar 50mm f3.5

Canon II D + Elmar 50mm f3.5

さて。

如何でしょうか?

レンズと気分

これらは、色々な焦点距離のレンズで撮影したスナップ写真です。

撮影したカメラ、及びレンズ(焦点距離)は写真の下に記載してあります。

ちなみに、

「E-P3」はオリンパスのマイクロフォーサーズのデジタルカメラですので、焦点距離は2倍になります。

また、「GSW690」に付いている「65mm」というレンズは、フィルムサイズが6×9サイズですので、35mm換算で28mm相当の広角レンズになります。

なので、25mm(35mm換算50mm)、65mm(35mm換算28mm)、35mm、55mm(35mm換算110mm)、50mmと。。。

もう、焦点距離の数字だけ見たら、

何が何やらサッパリです。。。

しかし、どれぐらいの範囲が撮れるのか、は、何となくイメージしてレンズを装着しています。

広い、狭い、歪み、被写界深度などなど、選択するレンズには色々な要素があります。

「80mm」とか、「広角レンズ」のような数字やカテゴリーに捕われず、撮れる画を単純にイメージしてその日のレンズを気分で決めてみる。

すると、写真の楽しみが増えるでしょう。

さ。

久しぶりに面倒なことを言っているけど、何が言いたいか分からない…それでも、写真が好きなんだろーなー、と思わせてしまう。
そんなフシギな店長が居る、ネット上にあるけれど昔ながらの近所のカメラ屋。それがエジソンカメラです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存