飽き足らないので、さらにレンズについて実験してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

さて、前回の「良いレンズ・悪いレンズ その1」における実験。

とある内部方面より、

「今回のセレクトだと、距離計連動用の玉と一眼レフ用の玉とでは同じ50ミリでも構成も違うから云々…」

という突っ込みを受けまして、ま、詳細はよく分からないのですが、とりあえず面白そうなので、更に実験を続けてみることにしました。

ツッコミのあった、“距離計連動用”のレンズということで、

ニッコール 35mm f2.5  (ライカスクリューマウント)

と、店長の機材から、

キヤノン セレナー 35mm f2.8

です。

カメラは今回も、マイクロフォーサーズのオリンパス「E-P3」

ISO感度とホワイトバランス、シャッタースピードはマニュアルで固定。
絞りは、両方とも「F2.8」で合わせました。

撮影はJPEGで、加工はサイズ変更、トリミングをPhotoshopで行った以外、調整は一切していません。

(クリックすると大きな画像をご覧いただけます)

NIKKOR35mm-f2.5-20150211-01

ニッコール 35mm f2.5

Serenar35mm-f2.8-20150211-01

キヤノン セレナー 35mm f2.8

NIKKOR35mm-f2.5-20150211-02

ニッコール 35mm f2.5(トリミング)

Serenar35mm-f2.8-20150211-02

セレナー 35mm f2.8 (トリミング)

 続きまして、望遠系もやってみたいと思います。

 ヘクトール 135mm f4.5

と、

キヤノン 135mm f3.5

 絞りは、両方とも「F5.6」で合わせました。

(クリックすると大きな画像をご覧いただけます)

hektor135mm-20150211-01

ヘクトール 135mm f4.5

canon135mm-20150211-01

キヤノン 135mm f3.5

hektor135mm-20150211-02

ヘクトール 135mm f4.5(トリミング)

canon135mm-20150211-02

キヤノン 135mm f3.5(トリミング)

 と、こんな感じです。

如何ですか?

良いレンズと悪いレンズ。

あれ?

いつの間にか実験通信になってる。。。

はい。それもエジソンカメラです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存