珍しく紹介したい写真展「丹下健三が見た丹下健三」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

そんなに積極的に写真展に行ったりはしないのですが、今日は紹介したい写真展があります。

TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三

広島の平和記念公園や代々木体育館(東京オリンピック国立屋内総合競技場)、東京都庁舎などを手がけた建築家、丹下健三が自ら撮影した写真をコンタクトシートなどで展示しているそうです。

TOTOギャラリー・間サイトより

展覧会概要


 戦後日本を代表する建築家 丹下健三の没後10年の節目に開催する本展は、処女作「広島平和会館原爆記念陳列館」(1952年)のプロジェクト開始から初期代表作のひとつ「香川県庁舎」(1958年)完成までの10年間(1949~59年)に焦点を当て、丹下自らが撮影した35mmフィルムのコンタクトシートを通してその初期像を紹介します。日本の再生を担う建築家のひとりとしてデビューした丹下健三は、初の外遊を果たし、「世界のKenzo Tange」になっていったこの10年間、自らカメラを携えて撮影を行い膨大な数の写真を遺しました。写真には自身の作品のみならず、桂離宮・龍安寺をはじめとする伝統建築やル・コルビュジエ作品、外遊中に交流した海外の建築家たちの姿も含まれ、この時代の活動の克明な証言集となっています。現物としては本展が初公開となる70余点に及ぶコンタクトシートには、所々に自身によるトリミング指示の赤線が引かれ、若き丹下がどのように建築と対峙したのか、建築家の思索と葛藤の痕跡を生々しく伝えています。またこの展覧会に併せ、丹下の10回忌に当たる2015年3月22日(日)に記念シンポジウムを開催いたします。本展ゲストキュレーターである豊川斎赫(さいかく)氏をモデレーターに迎え、本展監修者である岸和郎氏ほか、建築家、歴史家の方々にご出演いただき、丹下健三の作品とその建築家像について多角的に検証していただきます。

TOTOギャラリー・間

 僕は、広島というところに何故か思い入れがあります。

初めて訪れたのは、小泉首相が初めて参列した、原爆の日の式典でした(2001年だったかと。。。)

そして昨年も、ちょうど3月に、広島の平和記念公園を訪れて写真を撮りました。

子供たちの列の奥に、アーチ型の慰霊碑が見え、その先には小さく原爆ドームも見えています。

(それにしても水平が…(ノД`)

広島平和記念公園 

この写真は、丹下健三が手がけた「広島平和会館原爆記念陳列館(現・広島平和記念資料館本館〈旧・西館〉)」の下で撮っています。

同じ意味かは分かりませんが、戦後すぐに手がけた香川県庁舎(1958年:現東館)も、一階が吹き抜けのような“ピロティー”というスペースのある設計だそうです。

ちなみに、我が母校の「写大」(写真大学=東京工芸大学)にも「ピロティー」という名のスペースがありましたが、最近大規模改修されたようなので、そのピロティーがどうなったかは分かりません。。。

ピロティーとは(でたー!Wikipedia

ピロティ(フランス語: Pilotis)とは、建築用語では2階以上の建物において地上部分が柱(構造体)を残して外部空間とした建築形式、またはその構造体を指す。まれにその地上部分の構造体のみの空間自体を指すこともある。フランス語で「杭」の意味。

1926年、ル・コルビュジェとピエール・ジャンヌレが提唱した近代建築の五原則「ピロティ・屋上庭園・自由な平面・自由な立面・連続水平窓」の一つとして取り上げられた。

話を平和記念公園に戻します。

「ヒロシマ」の象徴である原爆ドーム。そこから真っ直ぐに「広島平和会館原爆記念陳列館」へと慰霊碑と公園が配置されています。

広島平和記念公園

(両方とも、Canon II D + Serenar 35mm F2.8 I)

これが、周辺の公園整備も含めた丹下健三がコンペに出した設計だったそうです。

二枚目は、夏に行った時に撮った写真で、正面がその「広島平和会館原爆記念陳列館」の建物。慰霊碑のある道筋の隣の通路です。

建設当時のこの場所には、戦後間もない時ですから、色々なものがあったようで、その時に写真が見てみたいのです。

それは、墓地越しに見える、建設中の「広島平和会館原爆記念陳列館」の写真でした。

展示されているのは、どうやらトリミング指示などのダーマト(懐かしいな…;)で書き入れのあるベタ(コンタクトシート)のようですが、広島で育った「世界の丹下」が、どのような想いであの場所をプロデュースしたのかを感じてみたいと思っています。

また、丹下健三はカメラ好きでもあったようです。

どんなカメラを使っていたのでしょうかね。

そんなことも展示してあると面白いのですが。

 展覧会情報

展覧会名(日):TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三
展覧会名(英):TANGE BY TANGE 1949-1959/KENZO TANGE AS SEEN THROUGH THE EYES OF KENZO TANGE
会期:2015年1月23日(金)~3月28日(土)
開館時間:11:00~18:00
休館日:日曜・月曜・祝日
    ただし3月22日(日)は開館
入場料:無料
主催:TOTOギャラリー・間

http://www.toto.co.jp/gallerma/ex150123/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存