改めて「写真を撮る」ということについて考えてみたり…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

実は、ここ最近、少しカメラを持ち歩く頻度が下がりました。

“忙しく”“漫然と”か、ま、とにかく日常は忙しく、そうそう写真のことばかり考えてはいられません。

が、

今は便利な時代です。

とても高性能なコンデジ(コンパクトデジタルカメラの略)が、電話機と一緒になって、身近に携帯しているのですから。

いつてもどこで、iPhone(スマートフォン)で撮れば良いのです。

そもそも、何を使って撮影するか。

考えようによっては、「iPhone」で撮ってみて、面白味が分かって必要になればステップアップすればイイ。

フィルムだろうが、中判カメラだろうが、デジタル一眼レフだろうが、必要だと思うものを、必要に応じて使えば良いと思うんです。

「フィルム」でなけりゃいけない理由なんてどこにもありません。

クラシックカメラ店サイトの運営者がこんな事言っては…

ですが、やはり、

楽しむための写真に「縛られる」ものなんて、何一つ必要ありません。

そうすれば、忙しい日常の中でも、もっと写真を、自由に楽しめると思うのです!

と、急に熱く語っておいて…

以前書きました、「iPhoneography」というものがあります。ま、要は「iPhone写真」ということです。

「iPhone」と「Photography」を合わせた造語で「iPhoneography」だそうですが、確かに「iPhone」のカメラはとても良く撮れます。

以前紹介した(iPhone写真の調整について比べてみた)ように、画像調整のためのアプリも結構あります。

さて。この画像調整。

まぁ、好きなように写真を調整すれば良いのですが、何を基準にしているのか、少し考えると面白い。

iPhoneography

これ。今日の夕日にカメラを向けた…

あ、いや、iPhoneを向けて撮ったものです。

iPhoneはとても綺麗に写真が写りますが、若干黄色く出るということと、コントラストは低く、コンサバティブな画像で保存されます(意見には個人差があります)

これを、好みに調整するのですが、まずはiPhone上で調整したものがこちら。

Fotor

「Fotor」を使いました。

若干、夕日っぽくということで、黄色味を残しました。

シャドー部は、iPhone上では潰しきらないように、と思いましたが、PCで見ると微妙ですね。

次に、PC上のPhotoshopで元画像から調整してみました。

Photoshop CS5.1

微妙に…

というか、結構違いますね。

もちろん、何に合わせるとかなんとか正解など無く、ま、たかだか、わたしのiPhone写真なのですが…

なぜ違いが出るのでしょうか?

表示する画面の違い?

環境光の違い?

はたまた気分(気持ち)の違い?

みなさんはどう思われますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存