引き続き「500px」あ…アダルト。。。((((;゚Д゚)))))))

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

ということで、写真投稿SNS「500px」にチャレンジ中。

で、“日本語対応”ですが、表示だけできます。

500px.com

右上のアカウントのプルダウンから「Settings」

500px.com

言語を「日本語」にすれば、表示だけでも日本語で使えます。

で、ちょっと気になった…その上…

「アダルト コンテンツを表示」

とあります。。。

表示!表示!!

って、“アダルトコンテンツ”。。。((((;゚Д゚)))))))

500px.com ADULT CONTENT

あ、これこれ。

ちょっと、ドキドキしますね〜♡

クリック!

500px.com ADULT CONTENT

ん?

500px.com ADULT CONTENT

「写真を見せてください」って…f^^;

ま、後はご自由にどうぞ。

ってか、その他のセクシーな写真との違いが分かりませんが…

Wikipediaによる、

2013年1月21日、アップルが性的な写真がアプリケーションを通して閲覧可能である懸念を理由に自身のapp storeから500pxのiPad用アプリケーションを削除した。

的なことと関係あるんでしょうかね。

さ、そんな500pxの閲覧(見つける)ですが、カテゴリー分けもなかなか面白そうです。

500px.com

「コマーシャル、コンサート、ジャーナリズム、スポーツ、セレブ、ファッション、フィルム、マクロ、モノトーン、交通、人物、動物、家族、抽象、旅行、水中、結婚、自然、舞台芸能、芸術、街並み、都市&建築、都市探索、静物、風景、食べ物、カテゴリー外」

となっていて、それぞれに、

「人気(Popular)」
「新着(Fresh)」
「注目(Upcoming)」
「編集部のお勧め(Editor’s Choice)」
「人気のユーザー(Trending Profiles)」

という写真を選んで見ることができるようになっています。

で、「99.2」と付いている数字が総合評価の「Pulse(心拍)」です。

最高は99.9点で、公開から日にちが経つと自然と落ちていくようです。

その辺を参考にしながら、次回は「500px」の中を探検していきます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存