「Flickr」に、あがった画像を全部放り込んでみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

せっかく登録した「Flickr」

しかし Flickrをどう使ったら良いか分からないので。。。

とりあえず、あがった画像を全部放り込んでみました!

放り込んだ画像のスペック

ということで、複数点の画像をアップロードします。

今回は、例の「フジカ GSW690 2型」で撮影したブローニーフィルムを、聖地ヨドバシカメラ新宿西口で現像&スキャニングをお願いしたデータ。

ピクセルサイズは、「4361x3082px」

データサイズは、約3MBです。

それを、

120サイズのブローニーフィルム一本分、6×9なので8カット、一気に投入なのです!

flickr-upload-20150219

すると、こともなげに、わずか30秒でサムネイルが表示されるこの状態に。

恐るべしFlickrです。

そして、横位置の写真の回転も、上のメニューにある「Rotate (枚数)」を使うことで一気にできてしまうのです。(右回りにしかならない気がしますが…)

あとは、アルバムを選択して(Add to Album)一気に「Upload」です!

問題なく終わります。。。

と思って“ググっ”てみると、100枚とか一気にあげてる(Uploadしている)人もいますね。

ただ、一応、一度に「200枚」というデータの数が上限のようです。

「Organize」画面を使う

さて。先ほどあげた写真。縦横回転はアップロードの際に編集しちゃいましたけど、他の写真も編集してみます。

自分の写真用のメニューは左上、「YOU」つまり僕、のところにあるようです。

flickr-menu-20150219

で、下から2段目の「Organize」を選びます。

すると、「batch Organize」という画面に遷移します。

「バッチ処理」つまり「一括処理」ということのようです。

 flickr-batch-20150219

下段の一覧から、ドラッグ&ドロップで上の空白に移動すると、編集したい写真がまな板の上にあがります。

「Add tags」から、とりあえず全カット共通の「TOKYO」と入れてみます。

flickr-exif-tags-20150219

見事に「TOKYO」とタグが入りました。

ちなみに、EXIF情報にある「Fujifilm SP-3000」ですが、これ、デジカメじゃないです。

富士フィルムの現像機「フロンティア」のフィルムスキャナーの機器名ですね。

ちょっと面白いです。

写真編集機能の「Aviary」

Flickrでは、画像編集に「Aviary」というフォトエディタを使っています。

単体の写真を開いた右下の編集アイコン「Edit Photo」から「Edit in Aviary」を開けば、随分色々な編集ができてしまいます。

flickr-photoedit-20150219

自動調整、フィルター、フレーム、トリミングから、明るさ、コントラスト、彩度、シャープネス、テキスト編集まで、かなりの多機能ですね。

Photoshopを使っている人は不要かもしれませんが、他の画像編集ソフトであれば比べてみるのも良いかもしれません。

ちなみにこの「Aviary」は、iOSやAndroidのアプリとしてもあり、現在はAdobeが買収して運用してますね。このようにサービスに組み込むアプリケーションということで、「SDK=ソフトウェア開発キット」というそうです。

で、「Flickr」の使い方ですが…

Flickrをストレージ&写真整理に使う人が多いようですが、どーもそういう使い方は…

という気もします。

かといって、「見せる」的な事も、まだ「?」だったりします。

ので、引き続き、使ってみるとします。

0003

フジカ GSW690 2型」テスト撮影@西新宿

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存